国内旅行業務取扱管理者試験の学習メニュー

試験情報

資格
試験
実施日/発表日
残り日数
国内旅行業務取扱管理者
令和3年度
2021年09月05日
試験日まで、あと43日です。

開催 出願者数 受験者数 受験率 合格者数 合格率
平成元年度 23,908 20,152 3,487 17.3%
2年度 24,183 20,461 4,656 22.8%
3年度 27,941 23,203 5,483 23.6%
4年度 30,348 25,793 6,393 24.8%
5年度 32,613 27,834 8,451 30.4%
6年度 32,534 27,873 9,930 35.6%
7年度 28,392 24,162 8,990 37.2%
8年度 23,679 20,951 8,020 38.3%
9年度 22,883 20,417 6,476 31.7%
10年度 21,707 19,438 6,797 35%
11年度 19,649 17,484 5,336 30.5%
12年度 19,416 17,145 5,795 33.8%
13年度 18,374 16,309 5,334 32.7%
14年度 18,617 16,659 5,152 30.9%
15年度 19,480 17,489 6,852 39.2%
16年度 19,793 17,788 5,364 30.2%
17年度 18,862 16,874 4,750 28.1%
18年度 18,369 16,469 5,506 33.4%
19年度 17,893 15,928 7,431 46.7%
20年度 17,566 15,476 4,985 32.2%
21年度 18,693 16,470 6,604 40.1%
22年度 18,373 16,287 5,342 32.8%
23年度 17,091 14,998 5,377 35.9%
24年度 17,020 15,042 5,534 36.8%
25年度 17,265 15,241 4,702 30.9%
26年度 16,478 14,498 4,249 29.3%
27年度 17,157 15,033 4,408 29.3%

国内旅行業務取扱管理者試験の過去問題


スポンサー

スポンサー


国内旅行業務取扱管理者試験とは

この資格試験は旅行業法に基づき実施されるもので、旅行業者は各営業所ごとに「旅行業務取扱管理者」を1名以上選任し、一定の管理及び監督業務を行わせることが義務付けられています。

旅行業法施行規則に定める「旅行業務取扱管理者」の職務は以下のとおりです。
(旅行業法施行規約第10条)

企画旅行の旅行計画の適正な作成
料金表の掲示
旅行業約款の掲示
取引条件の説明
契約書面の交付
適正な広告の実施
旅程管理のための必要な措置:旅程管理業務を行う主任の者を通じた管理・監督
旅行に関する的確な苦情処理
契約内容に係る重要な事項についての明確な記録または関係書類の保管
上記に掲げるもののほか、取引の公正、旅行の安全及び旅行者の利便を確保するため必要な事項として観光庁長官が定める事項


また、旅行業務取扱管理者は、取り扱う旅行が国内旅行と海外旅行の業務範囲の別により、国内旅行業務のみを取り扱うことができる国内旅行業務取扱管理者、海外及び国内の旅行業務を取り扱うことができる総合旅行業務取扱管理者の2種類の資格があります。

協会(一般社団法人 全国旅行業協会・ANTA)では、この権威ある国家資格「国内旅行業務取扱管理者試験」を観光庁長官の試験事務代行機関として年1回(例年9月)開催しています。

国内旅行業務取扱管理者試験試験科目

旅行業法及びこれに基づく命令
旅行業約款、運送約款及び宿泊約款
国内旅行実務
運送機関及び宿泊施設の利用料金その他の旅行業務に関連する料金
旅行業務の取扱いに関する実務処理

試験の一部免除

前年度実施の国内旅行業務取扱管理者試験の「国内旅行実務」において合格点を得た者については、試験科目のうち「国内旅行実務」の科目について試験の免除を受けることができます。
協会が実施した本年度もしくは前年度の国内旅行業務取扱管理者研修修了者については、試験科目のうち「国内旅行実務」の科目について試験の免除を受けることができます。
国内旅行業務取扱管理者研修の受講資格は、旅行業者または旅行業者代理業者に最近5年以内に3年以上勤務しており、現在も引き続き旅行業務に従事している者を受講条件としています。
なお、「旅行業務」とは本邦内の登録営業所において行う旅行業法第2条第1項各号に掲げる業務を指し、例えば、企画・手配・見積・集客・発券・添乗等の業務が該当し、人事・経理・総務等の業務は該当しません。また、派遣労働者は旅行業者または旅行業者代理業者に派遣されていても「旅行業者または旅行業者代理業者」とは認められません。このほか、海外駐在の期間は算入されません。

旅行業務取扱管理者資格の魅力

・21世紀の成長産業といわれる旅行業、そして海外旅行ブームの今、この「旅行業務取扱管理者資格」のニーズは益々高まっています。
・年齢・学歴・実務経験不問で誰でも受験可能です。
・宅建・行政書士・司法書士などと同じ国家資格です。旅行業界で最も威厳のある資格です。
・資格は一生涯有効です。
・比較的やさしい国内を取得すると、総合受験時に科目免除制度があります。国内から総合と段階を踏んで合格を目指すことも可能です。

一般社団法人 全国旅行業協会

一般社団法人 全国旅行業協会

おススメ書籍

自分とチームの生産性を最大化する 最新「仕組み」仕事術


本書では「仕組み仕事術」に関しては、仕組み化・ルーティン化を行う為のテクニックについての内容になります。

ルーティン化できる作業は、ルーティン化し、無駄な思考を減らすことで、本当に必要な部分に時間を割くべきという考え方が学べます。

本書はとても読みやすく、こちらも非常にオススメの書籍です。

Python実践入門 ── 言語の力を引き出し、開発効率を高める

1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書

藤尾秀昭 (監修), 稲盛 和夫 (その他), 柳井 正(ほか述) (その他)


6ステップで職場が変わる! 業務改善ハンドブック

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

みんなのスレッド一覧



スレ主 カテゴリー: 全般 タイトル: 応募者数、合格人数の統計情報を記載しました
名前: 管理人
各資格メニューに、公式サイトに公表されている統計情報(応募者数、合格人数)を記載しました。
登録日時: 2021/03/28 18:43:36
返信があるため削除できません。
削除希望の場合には、管理人宛てに連絡をお願いいたします。

名前: 管理人 > 統計情報も色々な活用方法がありますが、モチベーション維持にも役立ちます。応募者数と受験者数の割合を確認しておき、必ず受験するということだけでも、合格率は上がると思います。 (2021/03/28 18:46:59) [削除画面へ]

>> すべてのスレッド一覧へ




スポンサー